On

証拠金により取引が可能!ビットコインFXを使おう

Posted by admin

仕組みを理解しておこう

ビットコインは仮想通貨で常に価格が変動しています。通常ビットコインを運用するときは現物取引を行うのですが、それとは別にFXも用意されているので必見です。これは通常のFX同様にレバレッジが採用されているものなので少ない自己資金でも取引をする事ができます。

一般的に現物取引はビットコインを購入したり持っている物を売るといったものです。一方FX取引は現物をやり取りせず売買を仮定して差額の注目のみで取引をする方法となっています。1BTC100万円として購入、120万円のときに売りをするのですが現物取引はしないので、そのまま差額分の20万円が手元に届いてしまうといった内容です。

レバレッジは証拠金を利用して何倍にも自己資金を増やす手段なので必見と言えます。10万円でレバレッジが5倍だと50万円の取引を行えるのでお金がない人でも安心です。

FXをするメリットはあるのか

基本的に現物取引だとビットコインを買って売るときに購入したときよりも価値が下がっていると損をします。ビットコインのFXは買ったことを仮定するものなので手元にビットコインを残すものではないです。売り注文と買い注文をまとめて行うもので、その順序を自由に入れ替えできます。

ビットコインを持っていない状態でも100万円のビットコインを売ることができる、後で90万円のビットコインを買うと差額分の10万円得するといった内容です。これによりビットコインの価値が下がっているときでも利益を得られるので理想的な手段となっています。

仮想通貨であるビットコインでFXができるようになりました。FXとは証拠金取引のことで実際のビットコインの現物をやり取りすることではなく、やり取りした仮定で結果のみが残高に反映されます。