On

子供の成績はどれくらい?高校受験に対する意欲はある?

Posted by admin

学校の授業を理解できているかどうか

公立の中学を卒業すると多くの生徒が高校に進学します。その時には入試が必要で、自分の学力に合わせた学校選び、入試対策が必要になります。必ずしも塾が必要なわけではないですが、勉強の度合いによっては行かせた方がいい時もあります。まず学校の中でどれくらいの位置にいるのかを確認し、平均点以上なのか以下なのかを知りましょう。平均点以下の時、学校の授業がうまく理解できていない可能性があります。集団塾に行ってもついて行けず、どんどん勉強が嫌いになる可能性があります。個別指導塾はそれぞれの子に合わせた指導をしてくれます。理解が弱くて遅れ気味でも、先生がサポートしてくれれば追いつけるかもしれません。ワンランク上の高校を目指せるようになるでしょう。

子供が勉強へのやる気を示しているとき

高校受験に備えて中学生の子を塾に行かせるかどうか考えるかもしれません。塾に行かせるにはお金がかかります。でも子供の成績が上がってどんどん勉強してくれれば決して高い出費にはならないでしょう。ではどんな塾を選ぶのがいいかですが、既に中学の3年生になっているなら、1学期の成績の様子をチェックしてみましょう。中間テストの成績が今までよりも明らかに良くなっているとき、高校受験に対して何かしないといけないと感じているはずです。塾に行く気があるかを確認して、行く意思があるなら行かせるようにしましょう。その時に行きたい高校などの希望があるなら、その高校への入学に定評のある塾を探してあげましょう。やる気を後押しできます。

教師1人に対し、1人から数人の生徒といった少人数の生徒を教えることを個別指導といいます。少人数のため、教師と生徒の距離が近く、教師による生徒の学習度合いを把握しやすく、効率よく学習を進められます。