On

事業をするための資金調達でここだけは注意しておきたい部分とは?

Posted by admin

利息が高い金融業者から借りない事

事業をするためには、多額の資金が必要になるので資金調達をする事は必要不可欠です。そこで、注意しておきたいのが、利息が高い金融業者から借りないという事です。利息が高い所から多額の資金を借りるような事があると、返済額が大きくなり長期的に返済していく必要があります。さらに、経営がうまく行かない場合は、利息が高いと大きな負担になり返済自体が困難になる可能性があります。

そこで、利息を比較してなるべく利率が低い所から借りるようにします。金融業者の数は多く、利息が低い金融業者も多く存在します。各金融業者のホームページを見てどれぐらい利息が必要になるのかを確認していくと利息が低い金融業者を見つけることが可能です。街金や闇金などは利息が高いので、審査が簡単な場合でも借りないようにします。

土地や家などを担保にして借りないことが大事

事業資金を調達する時には、金融業者に行って資金を融資してもらうのが一般的です。お金を借りる時には審査があり、この審査に通らなければ融資してもらえないです。審査に通るために、保証人を付けたり土地や家を担保にして借りるという方法があります。この時に、土地や家を担保にして借りるのは、万が一の時に大きな問題が起きるのでなるべく土地などを担保にしないように注意します。

もし、担保にして返済するのが難しくなった時はその担保を明け渡すことになるので、もし家を担保にしていた場合は、あなたの住む家がなくなってしまう可能性があります。子どもを含めた家族がいた場合は、家族にも迷惑をかける可能性があります。そこで、担保にするのであれば、土地や家以外のものにするのがお勧めです。

ファクタリングは、企業の売掛債権を買い取り、売掛先の信用を調査し、自らの判断で貸し倒れのリスクを引き受け、代金回収を行う金融業務のことです。